千葉医療センター看護部
千葉医療センターの考え方 | 看護の実際 | 教育研修制度 | 医療チーム活動 | 認定看護師活動 | 施設見学・インターンシップ・看護単位
認定看護師活動 認定看護師活動
専門性を高め、チームの中心として看護する

現在、9分野(集中ケア、感染管理、皮膚・排泄ケア、緩和ケア、摂食嚥下障害看護、手術看護、がん化学療法看護、乳がん看護、看護管理)15名の認定看護師が、院内外で積極的に活動をしています。また、認定看護師全員が当院の認定看護師会に所属し、「症例報告・検討会」を定期的に開催。活発にディスカッションや情報交換ができ、とても大切で楽しい時間となっています。それぞれの認定看護師が分野をこえて情報共有しながら、よりよい看護を提供できるよう日々努力しています。

千葉医療センターが活躍する分野

認定看護師

集中ケア 小田 ゆみ子

基礎の基礎は深くて、おもしろい

集中ケアというと難しく考えがえるかもしれません。でも、私たちは徹底的に基礎を学び、現場の患者さんを目の前にして看護を創造し、実践を積み重ねてきました。その結果、患者さんとともに、「やったー。」と喜び合い楽しい経験もできます。これからも、基礎を積み重ね、さらに看護を楽しみ自分が目指す看護を実現しませんか。

認定看護師

集中ケア 森口 裕美

個々の患者さんの“今”に沿ったベストプラクティスを

集中治療をうける患者さんは、重症度が高く、状態も変化しやすい時期であり、多くのことで援助を必要としています。個々の患者さんのその時の状態にあった、かつ回復を促していく援助を実践・相談・指導していけるよう心がけています。

認定看護師

感染管理 竹本 真美

病院に関連した感染症から患者さんと職員を守る

私は、専従で感染対策チーム(ICT)の一員として活動しています。院内感染を予防するために、感染症発生状況の調査、感染症発生時の対応、医療器具の取り扱いや保管方法の確認、療養環境の確認等を実践しています。感染予防対策は、確実に実践してもすばらしい成果や結果が得られるものではありません。直接患者さんと接する職員が、基本的な手洗い等の実践を継続していくことができるよう、指導・相談を行っています。

認定看護師

摂食嚥下障害看護 飯原 由貴子

患者さんの「口から食べたい」を支えたい!

現在は専任で、院内を横断的に活動し、口腔ケアやベットサイドにおける嚥下評価の必要な患者さんのコンサルテーションなど、お口から食べること、飲み込むことに問題を抱えている患者さんへの介入や勉強会などを行っています。「たとえ一口でも安全に美味しく食べることができる」をモットーに、患者さんの口から食べる喜びを支えたいです。

認定看護師

がん化学療法看護 比気 真弓

抗がん剤治療を受ける患者さんのつらさを軽減したい

外来通院治療室を中心として、抗がん剤治療をする患者さんのケアを行っています。抗がん剤治療は副作用を伴うため、副作用がつらくなったり、それによって治療の継続が困難になったりすることもあります。私は「思っていたより楽に治療できた」と感じてもらえるよう、患者さんの困りごと、つらさを解決するお手伝いしています。抗がん剤治療が安楽に行われることが最大の目標です。何か困りごとがあれば、いつでもご相談ください。

認定看護師

手術看護 小林 亜紀子

患者さんが安心して手術を受けられるようにお手伝いします

手術認定看護師は、周手術期の看護実践に携わっています。現在は、外科病棟に在籍しており、看護実践、スタッフ・学生指導を行っています。看護実践では、術前の患者さんが安心して手術が受けられるようオリエンテーションを行ったり、不安の軽減に努めるために面談をする事に力を入れています。またスタッフ指導においては、術前・術中から術後の看護につなげられるよう勉強会を開催しています。また、学生には実習中に臨床講義を行い、学びを深めてもらうことを行っています。

認定看護師

緩和ケア 手渡 和子

“がん”とわかったときからはじまる緩和ケア

今までのがん医療は、「がんを治す」ということに関心が向けられ、治療に伴う「つらさ」に対して目が向けられていませんでした。緩和ケアとは、がん患者さんやご家族の身体と心等の「つらさ」を和らげ、その人らしさを大切に支えていくケアのことです。 緩和ケアはがんの治療ができなくなってから始めるものではありません。がんと診断された時から「つらさ」を和らげる緩和ケアを始めることが生活の質を上げると言われています。患者さんやご家族によって「つらさ」は様々です。その人らしく療養生活が送れるように、様々な症状マネジメントと日常生活のサポートを患者さん・ご家族と共に見つけていけるように関わらせて頂いています。

認定看護師

緩和ケア 米持 奈津美

患者さんの苦痛の軽減に努めたい

緩和ケアチームの専従看護師として活動しています。がん患者さんは治療に伴う苦痛や症状の進行による苦痛、不安等の心のつらさを抱え療養されています。患者さん・ご家族に寄り添いながら少しでもつらさを和らげ、その人らしさを大切に支えていくため、症状マネジメントの提案やケアの方法を患者さん・ご家族と一緒に考え、笑顔で療養生活が送れるようお手伝いさせて頂いています。

認定看護師

緩和ケア 丹藤 千絵

患者さん、ご家族が笑顔で生活できるようにしたい!!

患者さん、ご家族が望まれる場所で生活できるよう、ご意向を確認しながら、退院支援・調整を行っています。がんと診断された時から緩和ケアは始まります。緩和ケアとは患者さん、ご家族を優しく包み込み、体や心のつらさを和らげるケアです。患者さん、ご家族が笑顔で充実した日常生活が送れるように共に考え、サポートさせていただきます。

認定看護師

皮膚・排泄ケア 谷 明美

患者さんがその人らしく日常生活を過ごせるように支援してきたい

専従で院内横断的に活動しています。患者さんのケアや看護師の指導にあたり、褥瘡対策チームの一員としても活動しています。またストーマ外来を担当し、退院後の継続看護や社会復帰支援もしています。看護を実践する中で、患者さんが自立していく過程を支えられる事や、看護師の成長を実感でき、日々喜びややりがいを感じています。

認定看護師

皮膚・排泄ケア 野地 志穂

患者さんのスキンケアを第一に

患者さんによりよいケアが提供できるよう、所属病棟の患者様のケアを中心にストーマケア、褥瘡ケア、失禁によるスキントラブルなど実践を通しスタッフ指導を行っています。また、褥瘡回診、褥瘡委員会、褥瘡サポートナース会等では褥瘡管理者と協力しながら活動を行っています。

独立行政法人国立病院機構千葉医療センター/病院ホームページへ

独立行政法人 国立病院機構 千葉医療センター

〒260-8606 千葉県千葉市中央区椿森4-1-2 
TEL:043-251-5311 FAX:043-255-1675

Copyright © National Hospital Organization Chiba Medical Center All Rights Reserved.