独立行政法人 国立病院機構 千葉医療センター
日本医療機能評価機構認定 第JC2182号
〒260-8606
千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
TEL:043-251-5311
FAX:043-255-1675
予約に関するお問い合わせ
予約センター
TEL:043-251-5323
(平日13:00~16:30)
  

院長挨拶・理念・基本方針

院長挨拶
理念・基本方針

院長挨拶

院長 杉浦 信之

 新年あけましておめでとうございます。新しい年を迎えるにあたり、良い年でありますよう祈念しています。

 本年の干支は亥年です。昨年は猪が市街地に出没し、大暴れをしている映像が放送されたり、農産物を荒らす被害の多いことが問題になっていました。猪にちなんだことわざもどちらかというとよくない意味で使われることが多いようですが、当院にあてはめるとすると「猪見て矢を引く」が当たるかなと思います。ことが起こってからでは遅いという意味ですが、ここ数年の収支をみると中長期の経営戦略が不十分だったのかと思います。当院の理念である「信頼される医療」を継続していくにはその土台となる「病院力」を再構築する必要があると考えます。関係職員の皆様の協力が不可欠ですので、「猪突猛進」とはいいませんが目標に向かって一直線に突き進む気概をもって難局に立ち向かうことが必要であり、ひとりひとりの進む力が総合力となって「頼れる病院」となることを願っています。

 昨年は「今年の漢字」で代表されるように天災が1年を通じてみられましたが、アメリカでは「天才」研修医が活躍する医療ドラマが大ヒットしています。当院も天才とはいいませんが優秀な研修医の先生の存在が医局の活性化にも繋がっています。各職場でも新人の方々が頑張っているのを目のあたりにして、皆さんがモチベーションを高くもって気持ちよく働ける環境を築いていきたいと思います。亥年は「無病息災の年」ともいわれていますが油断は禁物です。皆さんの健康維持が望まれます。インフルエンザの対策を含め自己管理の強化をお願いいたします。  

平成31年1月   院 長  杉浦 信之

理念

信頼される医療を築く (Building Trust)
私たちは、地域の方々に親しまれ、信頼される医療を目指します。

基本方針

  • 患者さんをはじめ、センターに関わるすべての方々の人権を尊重し、相互信頼で成り立つ安全・安心な医療を目指します。
  • 地域の医療機関に信頼されるエビデンス(evidence)に基づいた幅広くかつ専門性の高い急性期医療の構築を目指します。
  • 良質かつ最新の医療を提供するために教育・研究・研修・情報発信を推進し自己研鑽に努めます。

患者様の権利と責務について

千葉医療センターでは、医療は患者の皆様とわれわれ医療を提供する者との相互信頼の上に成り立つものであるとの考えから、患者の皆様の権利を尊重した医療に努めるとともに次のことをお願いします。

患者様の権利

  • 安全かつ良質な医療を公平に受けることができます。
  • 診療内容、効果および危険性等に関して説明を受けた上で、その医療行為を受けるか否か自らの意志で決定できます。
  • ご自身の診療録の開示を求めることができます。さらにほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を求めるために、関係資料を借り受けることができます。
  • 医学上得られた個人情報は常に保護・尊重されます。

患者様の責務

  • 良質な医療を実現するため、ご自身の健康状態に関する情報(症状、既往歴、内服薬など)を正確に提供してください。
  • 病院の規則を守り、他者に迷惑をかけないようにしてください。
  • 受けた医療に対し、診療費をお支払いください。
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。