独立行政法人 国立病院機構 千葉医療センター
日本医療機能評価機構認定 第JC2182号
〒260-8606
千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
TEL:043-251-5311
FAX:043-255-1675
予約に関するお問い合わせ
予約センター
TEL:043-251-5323
(平日13:00~16:30)
  

リハビリテーション科

特色

 当リハビリテーション科では、整形外科(骨折、変形性関節症、脊椎・脊髄疾患など)・脳神経外科(脳梗塞、脳出血など)・神経内科・耳鼻咽喉科・精神科など、あらゆる診療科の患者様を対象としてリハビリを行っています。

 緩和ケアチーム・呼吸ラウンドチーム・栄養サポートチームなどにも参加し、定期的に医師・看護師・ケースワーカーと合同カンファレンスを開き、早期に社会復帰できるようチーム医療の連携に努めています。転院された場合も地域連携パスを活用し、転院先と情報共有できるよう地域連携をはかっています。

 またICU(集中治療室)入室時から積極的に介入してリハビリを行っており、超急性期リハビリテーションを実施することにより、早期離床、早期回復を実現できるよう努めています。

 現在16名(理学療法士8名、作業療法士5名、言語聴覚士2名、受付1名)のスタッフが皆様の機能回復のお手伝いをさせて頂いております。




  • 理学療法
    運動器疾患・脳血管疾患・廃用症候群などにより運動機能の低下した患者様に対して、その機能の改善を目的に運動療法、物理療法を行い、立つ、歩くなどの基本動作の獲得を目指します。また手術前から介入し手術後の早期回復につなげていきます。





  • 作業療法
    患者様が退院後に活き活きとした生活を送れるよう、仕事・遊び・生活動作など様々な作業を通して、上肢機能の回復や日常生活動作の向上をはかります。また発症直後・手術直後より介入することで離床の機会を増やし、日常生活動作の早期獲得につなげていきます。その他、入院患者様を中心に変形性股関節症術後や乳がん術後などの日常生活指導も行っています。

  • 言語療法
    言語療法とは、何らかの原因でことばや聞こえ、食物を口から食べることに障害を持つ方の機能回復や発達促進の援助を行うことをいいます。当院では、入院患者様を対象に、主に脳損傷や頭頚部がんにより生じた言語障害(失語症・構音障害、発達障害など)、摂食嚥下障害に対するリハビリを実施しています。また高次脳機能障害(注意・記憶・遂行機能障害など)評価・訓練・助言なども行います。

医師・スタッフ紹介

医師名専門分野所属学会・認定
医長大河 昭彦整形外科
(脊椎脊髄疾患の診断・治療特に顕微鏡下の脊髄手術)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
理学療法士8名、作業療法士5名、言語聴覚士2名
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。