独立行政法人 国立病院機構 千葉医療センター
日本医療機能評価機構認定 第JC2182号
〒260-8606
千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
TEL:043-251-5311
FAX:043-255-1675
  

頭頸部外科・耳鼻咽喉科

受付時間、予約、紹介状等について

受付時間:午前8:30~午前11:30まで
(新患は紹介制 再診は予約制 火曜日の受付は10時まで)

初診の方へ

  • 受診には紹介状が必要です。
  • 紹介状をお持ちでしたら、予約なしで受診することもできます。
    • 患者様からの直接のお電話等では、予約できません。
    • 再診の方を含め、多くの方は予約を取っている為、予約のない方はお待ちいただくことがありますのでご了承ください。
  • 他院に通院中の方は、主治医に相談の上、当院地域医療連携室で予約していただけるよう依頼すれば、予約できます。(詳細はこちら

再診の方へ

  • 原則的に診察時に次回の予約を行っています。
  • 都合により予約時間を変更する際は、平日の午後1:00~午後4:30までの間に予約センター(043-251-5323)へお電話ください。
    (予約がないと診察を受けられません)

特色

 頭頚部の腫瘍、炎症、外傷、機能障害全般を対象とした治療を行っています。頭頚部扁平上皮癌に対しては、関連各科医師と多くのパラメディカルスタッフが一つのチームを組んで、動注化学療法と放射線治療を中心とする集学的治療を行っています。舌癌、上顎癌などでは、多くの症例で原発病巣の手術を行わずに完治できるようになり、治療後のQOLには向上が認められます。また、進行癌に対しても緩和ケアチームと連携をとり、痛みなどの苦痛をやわらげて生活の質を保てるよう患者さんに寄り添った診療を行っております。
 耳下腺腫瘍においては、独自の術前検査法を用いて正確な質的診断を行い、美容と機能を念頭に置いた手術を行っています。甲状腺腫瘍と副甲状腺機能亢進症においては、アミノレブリン酸を用いて副甲状腺を発光させる光線力学診断法を駆使して、副甲状腺の確実な摘出あるいは温存を行っています。耳鼻咽喉科領域においてはすべての疾患に対応しますが、特に慢性副鼻腔炎、声帯ポリープ、側頸嚢胞、正中頸嚢胞などの手術を行っています。

H28年度 手術件数(抜粋)

内視鏡下鼻・副鼻腔手術(1型・2型・3型・4型)47例(9例・10例・21例・7例)
口蓋扁桃手術(摘出)20例
耳下腺腫瘍摘出術19例
甲状腺部分切除術15例
甲状腺悪性腫瘍手術12例
扁桃周囲膿瘍切開12例

医師紹介

 
医師名専門分野所属学会・認定
医長渋谷 真理子頭頸部外科
耳鼻咽喉科
日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医
医師飯田 由美子耳鼻咽喉科日本耳鼻咽喉科学会専門医
医師坂本 夏海耳鼻咽喉科日本耳鼻咽喉科学会専門医

主な疾患

  • 唾液腺疾患
    顔面神経温存耳下腺腫瘍摘出術、顎下腺腫瘍摘出術(良性、悪性)、唾石摘出術、ガマ腫(ピシバニールによる硬化療法)
  • 甲状腺疾患
    甲状腺良性腫瘍摘出術、甲状腺悪性腫瘍手術、縦隔進展甲状腺腫瘍手術、頭頸部悪性腫瘍
  • 頭頸部悪性腫瘍
    上顎癌、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌
  • 頸部腫瘍
    神経鞘腫、鰓原性嚢胞
  • 顔面外傷
    眼窩底骨折、頬骨骨折、鼻骨骨折
  • 耳鼻咽喉科疾患
    内視鏡下副鼻腔手術、扁桃摘出術
  • 頭頸部癌(扁平上皮癌)
    進行度に応じて、化学療法を併用する照射治療を行っています。症例により超選択的動注化学療法を行うことがあります。この治療のみで腫瘍の消失が認められれば、手術を行わないで経過を観察しています。腫瘍の残存や再発があれば、機能や形態の再建を前提とした根治術を行うことになります。
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。